Dear Boy ~Stories~ 神谷浩史と小野大輔の二人に捧ぐ

神谷浩史と小野大輔のイベントやラジオでのエピソードやキャラ情報をまとめたブログです。

六本木でルーヴル美術館×漫画展

私も今週から夏休みに入ったんだ~

ということで、

今回は神谷さんファンなら夏休みに絶対行きたいイベントを紹介するよ!

 

そのイベントはね・・・

東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて期間限定で開催されてる、

ルーヴル美術館特別展“ルーヴルNO.9~漫画、9番目の芸術~”なんだ

 

ルーヴル美術館は1793年の開館以来、長い歴史を持つ美術館なんだけど、

実はルーヴル美術館は建築、彫刻、絵画、音楽、文学、演劇、映画、メディア芸術に

続いて漫画を9番目の芸術として選定しているんだよ~

 

それで2005年からは、より多くの人にルーヴル美術館の魅力を知ってもらうために漫画を

通してルーヴル美術館を表現する、“ルーヴルBDプロジェクト”っていうのが

日本では開催されてるの(※フランス語圏では漫画のことを“バンド・テシネ(BD)”っていう)

 

これまで小野Dも出演する“ジョジョの奇妙な冒険”でお馴染みの荒木飛呂彦さん

これまた“孤独のグルメ”の作画でお馴染みの谷口ジローさんを始めとする日本を代

表する漫画家がルーヴル美術館をテーマに作品を書いてきたんだ!

 

今回の展示会ではこれまでの作品の原画や資料、映像等300点以上

を公開すると共に、新たに有名な漫画である松本大洋さんの参加が決まったよ♪

 

で、なんで神谷さんと関係があるかというと・・・

実は神谷さんが特別展で音声ガイドとして来場者をナビゲートしてくれんだ!

 

今回神谷さんの音声ガイドに選出された後に発表されたコメントを紹介するね~

 

神谷:子供の頃、僕にとって漫画は最大の娯楽であり、教科書でした。大人になった今でも覚えている役に立つ知識のほとんどが、漫画から得たものばかりな気がします。漫画で正義や悪の概念を覚え、恋愛や失恋を知り、人を思いやる心と想像力を養った僕は今、声優という仕事をしています。芸術の域にまで昇華した漫画に 僕の声が相応しいか心配ではありますが、僕を構成する要素の数パーセントは間違いなく漫画でできているはず…その可能性を信じ、少しでも漫画に恩返しできるように精一杯音声ガイドを務めさせていただければと思います。

********************************************************************************

そして下の写真は神谷さんが舞台挨拶をした時の写真だよ

一番左にいるのが神谷さんだね!

ルーヴルNO.9~漫画

(※写真はお借りしました)

 

それから朝の情報番組、“めざましテレビ”で神谷さんがこのイベントに音声ガイド

として参加してることが紹介されたので興味がある人は是非下のリンクをクリック

してみてね(^▽^)/

(※動画はお借りしました。注意:再生中は音声が流れます)

 

最後にこのイベントは、

7月22日(金)~9月25日(日)の期間で開催されるそうなので

みんなも是非一度訪れてみたらどうかな!

 

それじゃあSee you soon!!

-声優
-, ,